シンポジウム2017

Asia pacific

酵素と睡眠の意外な関係

酵素といえば「ダイエット」ですが、酵素にはそれ以外にもたくさんのうれしい効果があることをご存知でしょうか? 私たちの体内にあるのは、消化を助ける消化酵素と基礎代謝を助ける代謝酵素の2つが主ですが、今回は代謝酵素の方に焦点をあててみたいと思います。

酵素で不眠解消!

現代人はパソコンやスマホを使う時間が長くなっている為、夜なかなか寝付けなかったり、たくさん寝てもすっきりしなかったり、夜中にしょっちゅう目が覚めてしまったりと、睡眠障害に悩む人が増えています。 寝不足の状態が続いてしまうと、日中眠くなったり、仕事や学業に集中できなかったり、辛いことが増えてしまいます。 では、一体どうして睡眠不足になってしまうのでしょう? 意外と知られていないのですが、実は「体の冷え」が原因なのです。 人は眠りに入る前、体の表面から熱を発して、寝る準備をします。 眠いときに子供の手が熱くなりますが、あれは寝る準備OKの合図。 これが冷え性の人の場合、体温調節ができず、寝る準備ができないため、なかなか寝付けなくなってしまうのです。 ここで、カギを握るのが「酵素」です。 酵素には基礎代謝を上げる効果があり、基礎代謝が上がると血の巡りがよくなるため、全身の隅々まで新鮮な血液が行き渡ります。 血行がよくなると、体温調節もスムーズにできるようになるのです。 体温調節がスムーズになれば、体も寝る前準備の状態に入りやすくなり、夜すっと眠ることができるようになります。

睡眠不足が解消されると痩せる

先ほど少しご説明しましたが、酵素は日中に働き、消化や代謝を助けています。 酵素というのは、一日に使える量が体内で決まっているのですが、その決まった量を生産するのは、私たちが眠っている間なのです。 ですから、寝不足の状態だと酵素が十分に作られないため、一日に使える量も少なくなってしまい、消化や代謝の働きも鈍くなります。 つまり、逆を言えば、十分に睡眠が取れれば、体内で最大限まで酵素を生産することができ、日中、消化活動や代謝活動が活発に行われるということです。 代謝が活発になるというは、当然ダイエットにもつながりますね。 睡眠不足が解消されれば痩せるというのは、こういうことなのです。 睡眠が十分ではないと、体調が悪くなったり肌荒れしたりしますが、これもすべて酵素が関係しているわけなんですね。 睡眠不足は血行不良を招き、最終的は病気の原因になったりもします。 酵素にだけ頼るのではなく、日頃からストレッチをするなど、血行を促すことを意識しましょう。