シンポジウム2017

Asia pacific

置き換えダイエットのストレスを緩和する方法とは?

最近最も流行しているダイエット方の1つに「置き換えダイエット」があげられます。 先ほどお話しした運動するダイエットとは違い、置き換えダイエットは食事をスムージーなどに置き換える事によって、カロリーを制限しダイエット効果を目指すというものです。 例えば1食分を完全にスムージーに置き換えるとか、半分をスムージーに置き換えるといった形です。 ただ、これについても、先ほどとは別の形でストレスを伴います。 特に食べる事が好きな人にとって、置き換えダイエットは一定の食事制限を伴うわけですから、好きなモノが好きな時に食べられないストレスを感じます。

置き換えダイエットのストレスを軽減するセロトニンとは?

置き換えダイエットを含め、全てのダイエットにストレスが伴う事はよく理解できたのではないでしょうか? でも、このストレスに負けてしまうと、ダイエットの成功は望めないのが現実ですよね。 そのような時には、ストレスを軽減する「セロトニン」というホルモンの力を借りるといいと思います。 セロトニンとは、脳から分泌されるホルモン(神経伝達物質)で、分泌されると、人間は幸せを感じたリ、不安やイライラが解消したりするのです。 ですので、セロトニンは別名「幸せホルモン」などと呼ばれています。

セロトニンを増やす方法は?

セロトニンは基本的に日中分泌されるホルモンなのですが、太陽の光を浴びたリ、リズミカルな運動をしたり、食事の際によく咀嚼したりする事によって分泌されやすくなります。 また、セロトニンは必須アミノ酸(人体では生成できないアミノ酸なので、体外から摂取する必要があるアミノ酸の事)のトリプトファンを原料にして生成されるので、トリプトファンを含む食品を食べるようにすると良いです。 トリプトファンが豊富に含まれる食品として、 などが代表的です。 セロトニンを増やす事は、ダイエットに伴うストレスを始め、日常生活の様々なストレスの緩和に役立ちますので、これから置き換えダイエットに挑戦しようと考えている人にはおすすめです。