シンポジウム2017

Asia pacific

知って得する痩せる生活習慣とは?

「辛い」や「我慢」のイメージが強いダイエット。 ダイエットは、食べたいものが食べられず、毎日毎日我慢を続けなければならないので、相当な意思の強さがないと、続けるのが難しいものです。 そんな我慢が爆発してしまって、暴飲暴食に走ってしまい、結局ダイエットは失敗してしまった、そんな経験をお持ちの方も多いのでは? しかし、本来ならダイエットはそんなに構えなくてはいけないのです。 一度痩せても、それからまた好きなものを食べてしまっては、体重が再び増加してしまいます。 体型をキープするためには、ダイエットして目標体重になった後も続いていくのです。 だからこそ、無理のないダイエットをすることがスリムな体への近道になるのです。 今回は、ダイエットを続けていく上で大切な「痩せる習慣」についてご紹介します。 食べたいものを我慢するよりもずっと効率的で簡単なのが、日々の習慣を痩せやすいものに変えることです。 痩せるための習慣にはどのようなものがあるのでしょうか?

水と麦茶をよく飲む

よくモデルさんなどが「1日に2リットルお水を飲んでいます!」というようなことを言っていますよね? これは、とても理にかなっているのです。 ダイエットの大敵の一つが「むくみ」。 体がむくむということは、それだけ体内に水分をため込んでしまっているということ。 水分をため込んでいるのですから、当然その分体重は増えているのです。 すっきり痩せるためにも、むくみは必ず取り除きましょう。 そのために必要なのが水分。 十分な水分を摂取して、体の循環を活発にする必要があるのです。 飲むのは、ごく普通のミネラルウォーターでOK。 味のないものは苦手・・・という人は、麦茶を飲むとよいでしょう。 麦茶はノンカフェインで、かつタンニンを含んでいないので、栄養素の吸収を邪魔することなく、循環を高めることができます。

コンビニに寄るのをやめる

仕事に行く前、お昼休み、仕事後と、用もないのについついコンビニに寄っていませんか? 最新のお菓子は売っているし、おにぎり、サンドイッチ、お弁当、たくさんのおいしい食べ物が売っています。 そんなものを目にしたら、買いたくなってしまうのは当然です。 しかし、それではダイエットに成功することはできません。 コンビニの食べ物は塩分が高めですし、お菓子やスイーツはもちろん高カロリーでしかも低栄養です。 誘惑を目の前にして、それを我慢するのは至難の業です。 ですから、そもそもコンビニには必要最低限しか行かないというのがベスト。 行かなければ、おいしそうなものを目の前に我慢しなくて済むわけです。 また、コンビニに行くと手軽に何でも買えてしまうので、無駄遣いの元になっていることも。 行かない習慣を身に付けることで、ダイエットだけでなく、お金の節約にもなるので、一石二鳥です。